ページランク別相互リンク登録

SEO対策の優位性

現在では、SEO対策は大変注目されている技術であります。

子供から大人までインターネットの検索エンジンを使っている現在、個人で細々と商売する以外では、インターネットなしでの商売は成り立たないと思いますし、その様な事は、インターネットを扱った事がある方ならば、皆気付いているのではないでしょうか。

そして、自らの希望ワードで上位表示されたならば、どれだけの優位性があるかは容易に想像できるはずです。

「希望ワードで、検索エンジンに上位表示させる技術」それがSEO対策なのです。

しかし、SEO対策はいうほど簡単な技術ではありません。

容易に行えるのであれば、皆が挙って行うはずですし、多く検索されるワードほど上位表示させるのが難しいものなのです。SEO対策は自社で独自に行う事も出来ますが、SEO対策を専門としている企業に頼む方法もあります。

自社のホームページをもっていて、SEO対策を考えていない様な企業は少ないでしょうが、もしも、ここで初めてSEO対策という言葉を知ったのであれば、今からでも対策を考えた方が良いと思います。

リンクパワー順のサイト掲載

1.ページランクの高いサイトが上
2.同じランク同士ではページ内の発リンク数の少ないサイトが上 ( 先着順 )
3.発リンク数が上位ランクサイトの6分の1未満のときは順位が上になります

最も順位の高いサイトはトップページに、続きは順次各サイト集に掲載されます。
なお、このサイト集では全てのページの発リンク数を100以内に設定しています。

トップページ紹介サイト30件